RPA 活用事例

活用事例からわかるRPAができることを教えます

人間に代わり、デスクワークの一部をAI搭載済みのロボットが行うことができるようになっています。人手不足が解消されるだけでなく、人力で行う数倍のスピードかつ、24時間一年中稼働し続けることができるため業務の大幅な効率化を実現することができます。このようなロボットで業務の一部を自動化させることをRPAといいます。しかし、どのような業務をRPAに任せればよいのか、実際にどのくらい便利なものなのか実感のわかない方も多いのではないでしょうか。今回は、どのような業務にRPAを導入すればより業務が効率的に行えるのか、活用事例を交えて導入のメリットと方法を説明していきます。事務作業の担当者の負荷が大きくなってきている方、興味はあるけれど何から始めればよいか分からない方は一度参考にしてみてください。

活用事例1転記作業ならRPAにお任せ

RPAが特に得意分野としているのが既存の書類から必要な部分を転記して統一された様式の新しい書類を作る作業です。定型の書類同士の作業になることが多いため、自動処理も行いやすく、金融機関や不動産会社など、様々な業界でRPAが活用されています。活用事例としては、メールで送られてきた申請書式から自動でRPAが必要なデータを読み取り、指定の様式に転記し保存していく形のほかに、エクセルで提出された報告書を自動で分析し、取りまとめのための別エクセルに転記する形などが挙げられます。RPAをうまく活用することで、人力で行っていた取りまとめ作業がほぼ不要になるほか、人力で作業していた際に起こりがちである、転記するにあたって細かなフォーマットの違いから発生するミスや誤入力を回避することができます。

活用事例2人員配置も行えるRPA

RPAが活躍しているのは企業だけではありません。主に官公庁では、職員の配置や各種手当の計算、認定業務をRPAが代わりに行っているところもあります。職員の住所や担当業務から必要に応じてデータを抽出し、料金の計算や人員配置を行います。その他にも、職員の求人に対し寄せられた応募書類を取りまとめるほか、従業員の勤怠管理や給料の計算をRPAが行うことで、人事担当者の業務を大幅に軽減できた活用事例があるということです。これらの業務は、いずれもルーチンワークが多く、正確さが求められる点が共通しています。人力では集中力が続きにくい、ケアレスミスが目立ってしまいますが、機械が行うことでそのようなミスを無くすことができます。現状どのような作業に困っているのか、どこをRPAに任せることで効率化が図れるのか検討してみるのも良いでしょう。