成功した活用事例をもとにRPAを運用するおすすめ方法

RPAを導入することによる活用事例は、今まで手作業でやっていた事務作業などを自動化することが可能になります。自動化することにより、担当者を教育する手間や時間の削減と体調に左右されることなくスムーズに業務が進行でき、人為的ミスもなくすことができます。RPAは手順等がルール化された業務を行うことに優れており、製造業では、受注・在庫管理・出荷・会計処理や売上計上や納品書の発行、金融機関の転記作業のように同じ内容を複数のシステムに入力する業務・紙に書いてある手書きの帳票類をデジタルデータ化にする取り込むシステム、財務会計や伝票入力や入金データの取込・帳簿作成・連結処理・入金・支払い取消などの業務、人事や総務で行う勤怠管理などのためのデータ収集業務、給与計算業務などがあります。

AI搭載のRPAと活用事例の紹介

AIは人工知能としてよく知られています。自己学習機能を持ち、大量のデータを組み合わせて、紐づけ・分析することができます。RPAは人が指示したルールに従い作業を行い、バックオフィス業務を自動化することが得意です。AIは高度な処理をすることができ、RPAは単純作業を正確に行うことが可能で、複数のAIを目的に応じて組み合わせて使用することで、判断要素が多く、学習を必要なデータ活用もこれらを合わせて使用することで複雑な業務にも対応する事ができます。銀行によるAIとRPAの活用事例としては、各銀行によって異なる口座振替依頼書をスキャンし、AIに読み取らせることで、必要な情報が書かれている場所を判断させ、RPAでシステムに取り込むことを可能にしました。これによって、約8割の業務削減と事務作業の効率化を実現させました。

RPAの導入により成功した活用事例と運用

RPAの導入によって事前準備や戦略・施策を打つために必要なサービスや製品に対しての口コミやレビュー情報を自動収集することやデータの読み取りや組み合わせ、収集したデータの集計や管理シートへの登録、予め用意していた資料等を、決まった時間に自動投稿することができ、資料作成などにかかっていた時間や手間が省くことができた活用事例があげられます。RPAの導入には、少しずつ試験を重ねながら実際の業務に合わせてルールや設定を変更し、徐々に業務の範囲を広げていくことが成功するのに大切です。RPAの導入を考えている部署や業務が本当に必要であるかしっかりと見極めることができなければ、ムダになってしまうことがあります。例えば、RPAを使用するほどでもない業務や仕事量が多くなければ、自動化してもあまり効果を実感することができないので導入する際は、本当に導入をする必要があるのかをしっかりと確認しましょう。