活用事例を参考にRPAを導入するメリットとは

近年、RPAによる業務の自動化を導入する企業や自治体が増えており、今後さらに普及していくRPAの活用事例とそのメリットについて紹介していきます。RPAが活躍するのは主に伝票計算やデータ入力、転記作業、書類作成などの定型作業の業務が多い場面です。人事や経理、購買部門などでの業務の効率化に成功しています。RPAを導入するメリットとしては、手作業を無くし自動化することで作業時間を短縮するだけでなく、単純な入力ミスが減り、空いた時間を人間にしかできない他の作業に費やすことが出来ます。また、余力が生まれることによって残業が解消され、繁忙期などの業務量の増減にも対応することが可能です。近年人手不足や働き方改革によってRPA導入を検討する企業が増えていますが、上手く取り入れられれば得られる効果は大きいです。

業界別に見るRPAの活用事例とその効果

続々と導入が進んでいるRPAの業界別活用事例を紹介します。例えばとある保険会社では、繁忙期には残業や短期の人員を募集するなどして対応していましたが、新人の教育に時間と労力を取られてしまう点を課題としていました。また、あるコンサルティング会社では、女性社員が多い職場で産休、育休、介護休暇による人手不足の発生を課題としていました。これらのような現場では、RPAの導入により業務の処理スピードが格段に上がり、余力として年間に何万時間以上もの業務時間を生み出しています。さらに自動化することで初歩的なヒューマンエラーを減らすことが出来るのは、現場にとって心強い存在です。残業時間を削減することで精神的負担が減り、プライベートな時間を充実させることにも繋がりますし、翌日への気持ちの切り替えもスムーズとなり良いことばかりです。

RPA導入に失敗しないために知っておくべきポイント

ここまではRPAの導入に成功している活用事例を見てきましたが、準備不足で失敗しないためにも知っておきたいポイントがあります。まずは、自動化させる業務をはっきりとさせておくことが重要です。RPAは多量の単純作業を自動化させるツールですので、頼るほどでもない業務に関しては効果を感じられないでしょう。RPAを有効活用するためにも、手作業が多い業務のリストアップや時間が決まっている定型作業を調査しておく必要があります。さらにその業務をRPAが自動化し、対応できるかを事前に確認することも重要です。また、突然のシステム障害時に備えておくことも必要です。RPAに重要な作業を任せてしまうと、トラブル発生時に他の全ての業務が止まることになります。そのような場合に迅速に対応できる担当者の配置などにも備えなければいけません。